知っておくと役立つ知識

マンションは売る前にリフォームした方がいい?そのメリット・デメリットを解説

マンションは売る前にリフォームした方がいい?そのメリット・デメリットを解説

マンションの売却を本格的に検討する段階に入ると部屋の隅々までチェックする方も増えてくると思います。このような時に大抵の人は『やっぱり新築と比較すると汚れや傷も目立つな・・・これで売れるかな?』と心配な気持ちになるのではないでしょうか。

またこの中古マンションの弱点を補うために『売り出し前にリフォームをしようかな』と考える人も少なくないようです。しかしこのリフォームにはそれぞれメリットとデメリットがあります。

この点を理解しておかないと『売れないし、お金も無駄にした・・・』というケースにもつながります。今回は中古マンションを売る時に検討するリフォームのお役立ち情報をまとめましたので紹介したいと思います。

リフォームすることで得られるメリットとは?

まずは古くなったマンションをリフォームすることのメリットを解説したいと思います。お金をかけてプロの業者に依頼するわけですから、やはりリフォームにはそれなりのメリットがあります。

イメージ・印象が良くなる

不動産業者の物件写真などをよくご覧になる方はわかると思いますが『このマンション、築年数がかなり経過しているのに凄い綺麗だな』という印象を受ける物件が稀にありませんか?

実はこのような築年数が経過しているのに綺麗という印象を抱く物件は売り出し前にリフォームを実施していることが多いです。近年はリノベーション物件といってマンションを骨組み状態に解体してから内装を全て一新することが非常に増えているのも大きな特徴です。

壁の素材やキッチン、浴室の設備などももちろん最新設備となるため、築年数を感じさせないほどの印象を買い手に与えることができるのです。

どうしても中古マンションのケースにおいては壁紙の傷や黄ばみ、フローリングの汚れや傷なども目立つようになるためパッと見で『ちょっと第一印象が悪いな・・・』となりやすく、これにより購入希望者が思うように集まりにくいというデメリットがあります。リフォームにはこのようなデメリットを解消して買い手側に良いイメージを持たせるという効果が期待できます。

他のマンションと差別化を図ることができる

リフォームをすることで『他の部屋、物件とは良い意味で違うな』という印象も買い手に与えることができます。築年数が同じなのにキッチンの設備がグレードアップしていればそれだけで購入希望者も『古い物件はどれも同じ印象なのに、この物件だけは新築物件みたいだ!』という気持ちになりやすく多くの方がキープすることになるでしょう。

また実際のマンション売却でも他の物件にはない強みを持たせる、という目的でリフォームを実施したところ、わずか1ヶ月で買主が見つかったという事例もあります。同じような物件、部屋、内装では多くのライバル物件の中に埋もれてしまう可能性もあります。このような時にもリフォームは大きな武器となるでしょう。

購入希望者が集まりやすくなる

これからマンションを購入したいという方はやはり新居にはある程度の夢を持つものです。そのためあまりにも内装が古臭い、汚いという印象がある物件に対しては『ここはやめておこう・・・』という考えになるのが一般的。

リフォームには買い手にこのような気持ちを与えないようにする効果もあります。『リビングも綺麗だし、ここで生活できたら楽しいだろうな』というイメージを与えるのもマンションをスムーズに売却するコツです。

また買い手側がそのような心理状態になれば相場より多少高くてもすんなりと売れるというケースもあります。価格よりも夢や希望を与えてくれる物件を探している購入希望者にもリフォームというのは効果的です。

リフォームすることのデメリットとは?

不動産知識が薄い方の考えではリフォームにはメリットしかないと思いがちですが、残念ながらリフォームにもデメリットは存在します。このデメリットをあらかじめ把握しておかないと売主自身が損をすることもあります。ここではマンションをリフォームすることのデメリットをまとめましたのでご覧ください。

リフォーム費用を価格にそのまま上乗せすると売れないことも

リフォームと簡単にいいますが、当然のことながらこのリフォームには費用がかかります。そして基本的にリフォームした物件に関しては査定価格に上乗せした状態で売り出しを開始します。

つまり表面上の売却価格は周辺の同じようなマンション、物件と比較すると高くなるということです。このような相場より高い状態になるとどうしても買い手側としては『このマンションだけ少し高いな・・・』という印象を持ちやすいです。

もちろん物件情報や広告にはリフォーム済みと記載するのが一般的であり、できるだけ綺麗な物件を探している方にはアピールできるポイントとなりますが『とにかく安い価格で購入したい!』という考えを持っている方にはリフォームはあまり効果はないのです。

また当初はリフォーム費用の全額を売却価格に上乗せして売り出していたものの、結局買い手が集まらずに値下げを実施しなければいけないというケースもあります。こうなると結局は売主の資金からリフォーム費用を捻出したのと同じ状態になるため、場合によっては売主がマイナスになるということも想定しておかなければいけません。

リフォームを実施したからといって必ずしも売れるとは限らないのがマンション売却の難しいところでもあります。

自分の手でリフォームをしたいという買い手には効果がない

やはり部屋の内装や設備などはできるだけ新しくしたほうが見た目も良くなりますし、毎日の生活が楽になる可能性もあります。買い手によってはこのような考えを持つ人は少なくありません。

そのため売主もリフォームを実施してそのような考えを持つ層にアピールしたいところですが、場合によってはこのリフォームが逆効果になることもあります。これはどういうことかというと『リフォームは自分たちで行いたかった!』という購入希望者に対しては見向きもされない可能性があるということ。

近年は築年数が経過した安いマンションを購入、その後リノベーションをするという方も増えています。つまり内装や設備を全て自分好みにするために価格が安いマンションを購入したいという方が増えているということです。リフォームを実施して内装や設備がグレードアップしてもそれが必ずしも全ての購入希望者にメリットを与えるとは限りません。

中には『リフォームしたみたいだけどフローリングの色が少し気に入らない』という方も出てくるでしょう。マンション売却ではこのような層もいるため、リフォームを実施しても買い手が集まらないということが起きるのです。

大規模なリフォームはしないほうが無難

大規模なリフォームはしないほうが無難

中古マンションをリフォームすることのメリット・デメリットは把握できたと思いますが、結論からいうと新築同様の見た目に戻すような大規模なリフォームは実施しないほうが無難ということになります。

確かにリフォームを実施することで見た目のイメージはグンとアップしますが、買い手が見ているのは物件の見た目だけではありません。築年数、価格、周辺環境など多岐に渡りそれらを総合的に判断して新しい物件を探しているという方がほとんどです。

そのため見た目だけにお金をかけても必ず売れるとは限らないのです。具体例を出すとリフォームのおかげで内装は非常に綺麗になったけど、その物件が駅からかなり離れた場所に位置する場合は『通勤でいつも電車を使うから、この物件はなし』という内装は考慮しないという買い手もいるということです。

また不動産の価値は一般的に築年数で決定されます。そのためどんなに大規模なリフォームを実施しても物件の価値が大幅に上昇することはありません。これが売却価格にリフォーム費用を全額上乗せすることが難しい理由の一つでもあります。

気合いを入れて大規模リフォームを検討している方はもう一度じっくりと考えてみましょう。またどうしてもリフォームを行いたい場合は事前に仲介業者の担当者に相談することをおすすめします。

簡易なリフォーム、掃除、メンテナンスで印象を良くしよう!

簡易なリフォーム、掃除、メンテナンスで印象を良くしよう!

ここまで読まれた方の中には『デメリットも理解したけどそれでもリフォームをしたい!』という方もいると思います。そのような方におすすめしたいのが大掛かりなリフォームではなく、費用もそれほどかからない簡易的なリフォームや自身でもできる掃除やメンテナンスです。

例えばですがリフォームというと、どうしてもキッチンやトイレなどに目がいきがちですが、このような場所のリフォームはどうしても多くの費用がかかることになります。しかし壁紙の汚れ、ふすまや障子の破れであれば比較的安価でリフォームを実施できるため、これらのポイントを中心に簡易的に見た目を良くしていきましょう。

またクロスの汚れ、小さな傷などに関してはホームセンター等で販売されている壁紙リペア用のアイテムを使用すれば自力でも修復することは可能です。エアコンや給湯器のメンテナンスも実施することで付帯設備も問題なく使えるという印象を買い手に与えることができます。

その他ではやはり売却前に自身の手でしっかりと掃除を行っておくことが大切です。特に浴室、トイレ、台所などの水回り関係は汚れが目立っているとそれだけで『汚い・・・』という印象を買い手に与えてしまいます。

逆に『汚いからリフォームを実施しよう!』という考えを持っている売主は、この水回り関係を中心に徹底的に掃除をしてみてください。掃除をすることで予想以上に綺麗になるということもあります。確かに手間は多少かかりますが、高いリフォーム費用を捻出する必要がないのが自身で掃除をする大きなメリットでもあるのです。

自分だけでリフォームするかしないかの決断はしないように!

今回は古いマンションはリフォームを実施したほうがいいの?という疑問について迫ってみましたが、大規模なリフォームは実施する必要がないというのが現在の一般的な考え方です。

もちろん物件の状態や汚れ、傷の目立ち具合により他の部屋より少しだけリフォーム費用を多く出してしまうということもあるでしょう。そのような場合でも売主は必ず自分で判断するのではなく、仲介業者に一度相談することが大切です。良心的な不動産業者であれば『リフォームをするなら〇〇の部分を中心に実施してください』といったことを丁寧に教えてくれます。

このような的確なアドバイスをくれる不動産業者を探すことがスムーズなマンション売却にもつながるため、現在マンションを売ることを検討している方は仲介業者選びは慎重に行うようにしましょう。ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの一括査定サイト

マンション売却で仲介業者を選ぶ際は、まず複数の不動産会社に見積り依頼をしたほうが良いです。その理由は、売却価格の相場を知ることができますし、マンション売却が得意な不動産会社かどうか比較したり、担当の営業マンが信頼できるかどうか見極める必要があるからです。

そこで便利なのが、一括査定サイトです。インターネットから簡単に入力するだけであなたのマンションの査定価格を知ることができます。売却を考えているかたは、マンションがいくらぐらいで売れるのか、相場価格を調べてみませんか?

イエイ公式サイト

国内主要大手はもちろんのこと、地元密着の有力不動産会社など、人気の厳選1000社から最大6社までを選択し、最短60秒で査定価格を比較することができます。

日本最大級の不動産売却専門一括査定サイト

イエイ公式サイトはこちら