高く売るノウハウを教えます!

不動産業者サイトに掲載されるマイソク(図面)は売却成功の重要ポイント

不動産業者サイトに掲載されるマイソク(図面)は売却成功の重要ポイント

マンション売却をする時には不動産業者も買主を探すために費用をかけて広告活動を展開することになります。広告活動と一口でいってもチラシを作成したり、自社のホームページを更新したり、顧客に営業をかけたりとさまざまな方法がありますがその中でも特に注目しておきたい情報というのが『マイソク』です。

マイソクはスムーズなマンション売却を望む方やできるだけ自分の希望額で売りたいという方にとっては非常に大切です。今回は業者サイトに公開されている情報で特に注目しておきたいマイソクについてまとめましたのでご覧ください。

業者サイトの情報で特に注目しておきたいマイソクとは?

マンション売却を行う中で各不動産業者ともそれぞれ独自の営業活動や宣伝活動をしていますが、その中でも売主が特に見ておきたいポイントはマイソクです。普段、不動産に興味がない方にはあまり聞き慣れない言葉が出てきましたがマイソクとは購入希望者が現れた時に渡す物件の概要、間取り、地図などのマンション情報が掲載された図面のことです。一般的にマイソクに掲載されている情報は以下のとおりです。

  • マンション名
  • 価格
  • 間取り
  • 住所
  • 築年数
  • 専有面積
  • 駅から徒歩〇〇分
  • マンションの構造
  • 管理費
  • 不動産会社情報
  • 取引形態(仲介・専任・一般など)

以上がマイソクに掲載されている主な情報となります。

ここまで見てイメージがまだ湧かない人は時々自宅のポストに投函されている不動産業者のチラシの物件情報を思い出してもらうとわかりやすいと思います。そのチラシに間取り図などが記された情報が掲載されていますが、あれがマイソクです。

購入希望者はその間取り図などを見て候補となるマンションを探すのが一般的となっています。また現在はインターネットの不動産業者サイトでも同じような情報を閲覧することが可能です。

マイソクがマンション売却に大切な理由とは?

マイソクにはマンションに関するさまざまな情報が掲載されていることがわかりましたが『なぜこのマイソクがマンション売却に大切なのか?』という疑問をお持ちの方もいると思います。

マンションの購入を希望している方というのは一般的に物件情報が詳しく掲載されているマイソクを参考にします。そしてマイソクを見て物件に魅力を感じたら実際に内覧してみようと考えます。つまりマイソクは『このマンションちょっと興味あるからキープしておこう』という気持ちを購入希望者に抱かせるための最初の重要資料となるわけですね。

ここで丁寧にマイソクを作成している業者とマイソク作成にあまり力を入れていない業者では、内覧希望者の数に大きな違いが出ることもあります。良いマイソクを作成している業者であれば物件を魅力的に見せる技術に長けているため、購入希望者も自然と興味を持ちやすくなります。

しかしマイソクが簡素な業者だと『この物件は情報量もあまり多くないし、どういったマンションかが全くわからないから候補から外しておこう』という心理を抱かせてしまう可能性が大きいです。

またマイソクというのはチラシや新聞の折り込み広告だけでなくネットにも掲載されることになります。ネットで掲載される代表的なサイトが全国の物件情報が登録されているREINS(レインズ)です。

REINSに掲載される情報も基本はこのマイソクを参考にしています。そのため魅力的なマイソクを作成することで全国の購入希望者の興味を引くことも可能であり、予定通りにマンション売却が進行する可能性を高めることができます。

マイソクに魅力がないと購買意欲も掻き立てられないため、最悪の場合は売れ残ってしまうという状況になってしまうでしょう。日常生活でいえばマイソクというのは履歴書のような存在であり、企業(購入希望者)があなた(マンション)を採用(購入)するかどうかを判断する大切な資料ともいえるのです。これがマンション売却においてマイソクが大事な理由となります。

良いマイソクを見極めるポイントとは?

良いマイソクを見極めるポイントとは?

マイソクの重要性はわかりましたが『良いマイソクとはどのようなことをいうの?』という方もいるでしょう。ここでは魅力的なマイソクを見極めるポイントをいくつか取り上げたいと思います。

カラーで作成されている

ひと昔前のマイソクだとモノクロが主流でしたが近年はカラーで印刷・掲載されているマイソクを採用しているケースが増えています。カラーのマイソクのメリットというのはやはり見やすさがグンとアップすること。

また競合物件がモノクロで掲載されている中にカラーのマイソクがあれば購入希望者も最初に目に付く可能性が高まります。コストがかかるからといってカラーのマイソク作成を行わない業者も決して間違った考えではありませんが、前述のようにマイソクというのは大切な履歴書代わりにもなる資料です。

そのためこの部分でコスト削減をしている不動産業者は後々の成約率で少し不安が出てくる可能性もあることから、できるだけマイソクをカラーで印刷・掲載している仲介業者を選ぶようにしましょう。

写真が掲載されている

写真が掲載されている

視覚で購買意欲を高めるのも理想の戦略の一つですね。物件の写真が掲載されているマイソクであれば購入希望者もその部屋に住んでいるイメージを作りやすくなります。

また文字だけで『日当たり良好!』『広々としたリビングが魅力的!』と掲載されていても見ている人からすれば『どれぐらいの日当たりの良さなのかな?』『このリビングには家具はどれぐらい設置できるのかな?』といった疑問を抱いてしまう可能性もあります。

しかし写真が掲載されていることで『確かに日当たりは良好だし昼間は気持ちよさそう』『これだけのスペースのリビングであれば家具も設置できそう』など写真なしのマイソクより、もう一歩踏み込んだ生活シーンが頭の中でハッキリと浮かんでくるでしょう。

またマイソク作成に力を入れている業者であれば魅力的な写真を撮影するコツというのも理解しています。写真といってもただ撮影すればいいわけではなく『如何にして部屋を魅力的にすることができるか?』を意識することが大切です。

先ほどの例でいうと日当たり良好がアピールポイントなのに雨の日に撮影した写真であれば見る側としても『日当たりが良いイメージが湧いてこない!』という感情を抱いてしまうでしょう。

また部屋というのは基本的に明るいことで良いイメージを与えやすいため写真の明るさにも注意して見てみましょう。部屋が暗いと人によってはイメージダウンにつながってしまう可能性もあります。

間取りが正確に作られている

間取りの正確性も大切ですね。購入希望者というのは内覧の前にマイソクに掲載されている間取りを見て判断していることが多いため、仮にこの間取り図が間違っていたり正確でない場合には見学時に『これ掲載されている情報と違ってないか?』という状況になってしまいます。

間取りに惹かれて内覧を希望した方だとその場で『なんだ・・・希望してた間取りと違う・・・』となってしまうため売主側としてもマイソクに掲載される間取り図は最初に目を通してチェックすることが大切です。

マンションのアピールポイントが掲載されている

物件の魅力をマイソクに適度に盛り込むことも購入の後押しをする材料です。自分が住んできた中で『〇〇が良かった』『〇〇は便利だった』などのポイントは次に住む人も確実に気にするでしょう。ただ適当にアピールポイントが盛り込まれているだけでなくターゲット層に合った内容が掲載されているかの確認も行いましょう。

具体的にはファミリー層向けのマンションであれば幼稚園、保育園、学校、スーパー、公園、病院などの施設に近ければそれだけで『〇〇とはそう距離が離れていないから生活するのに便利だね~』となりやすいです。

柔軟な対応をします!など売主からのメッセージ

『入居時期の交渉可能』『平日も内覧対応可能』と記載された物件情報を見ることがありますが、このような特記事項もできれば盛り込んでおきたいところです。マイソクは物件情報をアピールする資料であるとともに上述のような売主からのメッセージ的な文言も掲載することが可能です。柔軟な対応が可能と記載されていれば購入希望者としても『とりあえず交渉には応じてくれるようだから、ひとまず見学に行ってみようか』という気持ちになりやすいでしょう。

マイソクを売主に見せたがらない業者は要注意

マイソクの重要性、魅力的なマイソクを見極めるポイントを紹介しましたが、実際にマンション売却を進めていく上で『自分が依頼した不動産業者はどのようなマイソクを使っているのだろうか?』と気になる場面がくると思います。

そのような時は不動産業者に連絡して作成したマイソクを見せてもらうようにしましょう。一般的な不動産業者であれば『いいですよ』といって気軽に見せてくれるはずです。しかし中にはこのマイソクを見せない業者もいるのでこのような時は少し疑ってかかるようにしましょう。

もしかしたらマイソク作成に力を入れておらず情報量も少ない薄いマイソクになっている可能性があります。見せられない理由を説明してもらい、納得がいかない場合は仲介業者の変更を検討することも大切です。

マンション売却でいま契約している仲介業者を変更したい!変更のベストなタイミングとは?

マイソクに不満な時は修正依頼も検討してみよう

今回は業者が公開するマイソクの重要性を中心に解説しましたが、マイソクというのは購入希望者を集う上では大切となる資料です。そのため業者に丸投げではなく自分も積極的にマイソク作成に携わっていく姿勢が必要となるケースもあります。

例えば先ほども取り上げた物件のアピールポイントは住んでいた自分が最もよく知っているはずです。そのような箇所に関しては『アピールポイントですが〇〇の件を盛り込んでおいてください』など事前に伝えておくようにしましょう。

もちろん広告に掲載する文章には『表現規制』というものがあり『完璧』『絶対』などの過大評価となる言葉は使用できないためこの点は注意する必要がありますが、マンションが売りに出されてからマイソクを修正しても売却までに余計な時間を要してしまう可能性もあります。

売り出し開始前に不動産業者の担当者としっかりとコミュニケーションをとりながら魅力的なマイソクを作成できるように頑張ってみてください。

おすすめの一括査定サイト

マンション売却で仲介業者を選ぶ際は、まず複数の不動産会社に見積り依頼をしたほうが良いです。その理由は、売却価格の相場を知ることができますし、マンション売却が得意な不動産会社かどうか比較したり、担当の営業マンが信頼できるかどうか見極める必要があるからです。

そこで便利なのが、一括査定サイトです。インターネットから簡単に入力するだけであなたのマンションの査定価格を知ることができます。売却を考えているかたは、マンションがいくらぐらいで売れるのか、相場価格を調べてみませんか?

イエイ公式サイト

国内主要大手はもちろんのこと、地元密着の有力不動産会社など、人気の厳選1000社から最大6社までを選択し、最短60秒で査定価格を比較することができます。

日本最大級の不動産売却専門一括査定サイト

イエイ公式サイトはこちら