ケース別の売却理由

転勤でマンションを売る場合の流れと注意点

転勤でマンションを売る場合の流れと注意点

念願のマイホームとしてマンションを購入し、楽しい時間を過ごしている方も多いと思います。しかし、このような時に会社から突然の転勤命令が下る方も当然のことながら一定数います。転勤に伴って大きな問題となるのが『今のマンションをどうするか?』という点です。

もちろん売却を検討する方が多いですが、一般の方は転勤の際のマンション売却の流れもわからないため悩んでしまうことも少なくありません。そこで今回は転勤でマンションを売る時の流れや注意点などをまとめましたので紹介したいと思います。

転勤でマンションを売る時の流れは主に2つ

転勤でマンションを売る時の流れは主に2つ

転勤で急遽手放すことになったマンションを売る時の流れは主に2つあります。

  • 転勤までに売却する
  • 転勤先から売却する

転勤するまでの期間で売却を成立させる

これは会社から転勤の指示が下りた後、実際に転勤先に引っ越すまでの期間で売却を目指す方法となります。この売却方法が最も一般的な流れとなり、自身にとってもマンションがある地域に住んでる間に売却活動がしやすいというメリットがあります。

しかし、この方法でマンションを売る場合のデメリットはタイムリミットがあるということです。このタイムリミットがあることで早期の売却が必要となるため、どうしても価格を下げるなどの工夫を余儀なくされることがあります。もちろん、周辺環境に恵まれていたり、物件の状態が良好な場合などはすぐに買い手が見つかる可能性が高いため、一概に値下げをしなければいけないということはありません。

ただし、タイムリミット間近になっても購入希望者が現れない場合は仲介業者からも値下げの提案を持ちかけられる可能性が高いです。そのため、できるだけ高い価格でマンションを売却したいという希望を持っている方は値下げの時期が迫ってきたら別の方法を検討する必要もあります。

転勤先から売却を行う

これは引越しまでの間に売るといった期限を設けずに売却活動を進めていく方法です。タイムリミットがないため、売主も仲介業者も時間をかけながら売却活動を行うことができるのがメリットとなります。

この売却活動の流れになるのは、『転勤までの期間が短い』『値下げはできるだけせずに自身の希望に近い価格でマンションを売りたい』という方です。ただし、ここで注意しておきたいのは住宅ローンとなります。

基本的に転勤先でも住まいを用意することになるため、その分の家賃もかかってきます。こうなるとマンションの住宅ローンを支払いながらの生活になるため、一時的に生活が苦しくなる可能性が高くなります。

また転勤先が同じ都道府県であれば不動産業者に実際に会って売却活動の進展などを聞くこともできますが、遠方の場合ではそれも難しくなるでしょう。ちなみに転勤先で購入希望者が見つかった場合でも売買契約のために、マンションがある地域に出向かなければいけません。

そのため、この移動の手間が苦にならないという方であれば問題はありませんが、転勤先でも仕事が忙しい方などはスムーズに売却活動が進まないという可能性もあります。

これら複数のメリット、デメリットを考慮するとこの売却活動に適しているのは

  • 住宅ローンと家賃の両方を払える余裕がある
  • 転勤先が比較的近場でいつでもマンションがある地域に足を運ぶことができる

という方となります。

マンション売却の査定から成約までの詳しい手順と流れはこちらの記事を参考にしてみてください。
マンションを売るまでの手順と流れ~全体を把握すればスムーズに売却できる!

マンションを売却せずに維持するという選択肢もあり

転勤によるマンション売却の流れを解説しましたが『売却以外の選択肢はないの?』という方もいます。ここではマンションを売却せずに維持する方法をまとめましたので取り上げてみましょう。

賃貸マンションとして貸し出す

自身は転勤でマンションに住むことはなくなるため、新たに誰かに貸すことでマンションを維持することができます。いわゆる大家さんになれるのがこの方法でもあり、借主がいる限りは家賃収入も入ってくるため、これを住宅ローンの支払いに回すことも可能です。

しかし、賃貸として貸し出す場合は夢もありますが、現実的に見るとさまざまな苦労もあります。よくあるのが『入居希望者が現れないから、家賃収入が1円も入ってこない』というものです。

この場合は住宅ローンの支払いも自身で負担することになるため、引越し先の家賃とあわせるとかなり生活を圧迫することになります。また大家という立場上、物件に問題がある場合はその費用も負担しなければならない時があります。

そのため、実際に賃貸経営をしている方からは『家賃収入はほとんど維持費で消えていくよ』という声も多いのが特徴です。一見、夢がありそうな維持方法でもありますが、現実的に見ると色々と大変なことがあるため、トラブルがあまり好きではないという方には向かないでしょう。

仮に賃貸として貸し出す場合は物件が駅の近くであるなど、生活に便利な立地条件であれば入居希望者が現れやすいです。そのため、賃貸として貸し出す場合は自身の物件情報をしっかりと把握した上で行うことをおすすめします。

空き家として維持する

前述のように賃貸として維持する方法は修繕費や入退去者のサポートをしなければなりません。このような問題が苦手という方は誰にも貸さずに空き家として維持していくこともできます。ただし、この空き家として維持する方法はよほどのことがない限りおすすめできません。空き家にすることで室内の劣化が急速に早まるためです。

人が住んでいる物件であれば窓を開けて換気をすることができますが、空き家ではそれも難しいため、湿気やカビなどが発生することが多いです。また、空き家として維持する方法も住宅ローンを支払う必要があるため、資金的に余裕がない方は生活が苦しくなる恐れもあります。

転勤によるマンション売却で注意しておきたいこと

転勤によるマンション売却で注意しておきたいこと

前述のように転勤によるマンション売却の流れは主に2つあります。この売却活動を進めていく中で注意しておきたいポイントをまとめましたので解説してみましょう。

住宅ローンの残債

転勤までの期間で売却を目指す方、転勤先から売却を目指す方の両方にいえることですが、売却活動をする前に住宅ローンの残債把握はしっかりとしておかなければいけません。基本的にマンションを売却する時には物件の引渡しと同時に住宅ローンの一括返済を求められることになります。

これは住宅ローンのある物件には抵当権と呼ばれる担保が設定されているためです。この抵当権が付くことで仮に住宅ローンの支払いが滞った時に、金融機関側がマンションを強制的に売りに出すことができます。

通常であればこのようなリスクがある物件を購入しようという買い手はいません。そのため、マンション売却の際には住宅ローンの一括返済をして抵当権を外した状態で新しい買主に引渡すのが一般的です。

住宅ローンの返済は基本的にマンションの売却代金や貯蓄分などから充てられることが多いです。しかし、中には住宅ローンの一括返済が難しいという方もいます。このような場合は金融機関から無担保融資などを受けて、不足分を補填するといった対策が必要となります。

ただし無担保融資は金利も高いため長期的な借入れには適さないという特徴があります。そのため、転勤でマンションを売却する際は『住宅ローンの一括返済ができるか?』『全額返済が難しい場合は他に確保する方法はあるのか?』といったことを事前に検討しておく必要があります。

仲介する不動産業者選び

転勤によるマンション売却のケースでは仲介業者選びも非常に大切になってきます。転勤までの期間でマンションを売ることになった場合には早期の売却を成立させる必要があるためです。

マンション売買が得意な仲介業者であれば、過去の経験から売却のコツも理解しています。そのため、このような不動産会社に仲介を依頼することで100%というわけではありませんが、期間内で売却を成立できる可能性も高まります。

逆にこれがマンション売買の知識、経験に乏しい業者であれば売却活動が進展しないこともあります。これでは当初の予定どおりに売却活動が進まないため、最悪の場合はプランを切り替えて転勤先から売却を行うことも検討しなければいけません。

また、あらかじめ転勤先から売却活動を行うにしても優良業者であれば安心して任せることができます。しかし、評判の悪い不動産会社であれば『本当にしっかりやっているのか?』といった不安もつきまといます。

転勤によるマンション売却にはこのようなリスクがあるため、売却前に必ず複数の業者に見積り依頼することをおすすめします。複数業者に査定依頼をすることで査定額の相場や営業マンの対応力なども把握することが可能です。

また、売却活動中に頻繁に値下げを要求してくる業者にも要注意です。確かに転勤による売却活動はタイムリミットの問題もあるため、値下げを意識する必要もあります。しかし、売りに出してからすぐに値下げを提案してきたり、連絡をとる度に販売価格の問題を取り上げる業者の中には『早く売却して仲介手数料を得たい』という目的もあります。

もちろん良心的な業者でも値下げの提案をする時があるでしょう。しかし、相場に近い価格で売りに出しているにも関わらず、値下げ要求が多い業者は自社の利益しか考えていない可能性もあるため注意が必要となります。

マンション売却は必ず複数業者に見積り依頼して比較する!査定額に大きな差が!

転勤先が遠い場合には買取制度の選択肢も

転勤先から売却活動を行うことになると売買契約書のサインなどで不動産屋に出向く必要があります。そのため転勤先が遠方だと手間がかかるのがネックです。このようなネックやデメリットを回避したいという方におすすめなのが不動産業者によるマンションの買取です。

買取制度は売却と異なり、不動産業者が買主になるためすぐに物件を引き渡すことができます。そのため、転勤までの期間が短い方には適している制度ともいえます。しかし買取制度のデメリットは相場の60%~80%の価格になってしまうことです。

これは買取後に不動産屋が物件をリフォームして再販することになるため、あらかじめこれらの費用を差し引いた金額を提示していることが原因です。買取制度の大きな特徴は新たな買主を探す必要はありませんが、買取価格は相場よりも低くなる点です。そのため、できるだけ高い価格でマンションを手放すことを希望している方にはおすすめできない方法でもあります。

また売却代金で住宅ローンの返済を検討している方も、買取制度でマンションを引き渡すと『予想以上に安い価格で手放したから、住宅ローンの支払いができない』というケースに陥ることも考えられます。買取制度を利用する時はこれらのデメリットを事前に把握しておくことが大切です。

転勤によるマンション売却はプランをしっかりと立てておくことが大事

今回は転勤によるマンション売却の流れや注意点を解説しましたがいかがでしたでしょうか?転勤による売却活動は基本的に『転勤までに売却する』『転勤先から売却する』の2パターンです。

どちらも一長一短があるため、自身が『どのような形でマンションを引渡したいか?』を事前にしっかりと決めておく必要があります。またどのような方法で売却をするにしても、仲介を依頼する不動産業者選びにはしっかりと時間をかけるようにしましょう。

早期の売却を目指す上では不動産業者の力量がポイントになってきます。これらの点を最優先しながら売却活動を行うことで、満足な結果にもつながりやすくなります。安心して転勤先に引っ越すことができるように頑張ってみましょう。

おすすめの一括査定サイト

マンション売却で仲介業者を選ぶ際は、まず複数の不動産会社に見積り依頼をしたほうが良いです。その理由は、売却価格の相場を知ることができますし、マンション売却が得意な不動産会社かどうか比較したり、担当の営業マンが信頼できるかどうか見極める必要があるからです。

そこで便利なのが、一括査定サイトです。インターネットから簡単に入力するだけであなたのマンションの査定価格を知ることができます。売却を考えているかたは、マンションがいくらぐらいで売れるのか、相場価格を調べてみませんか?

イエイ公式サイト

国内主要大手はもちろんのこと、地元密着の有力不動産会社など、人気の厳選1000社から最大6社までを選択し、最短60秒で査定価格を比較することができます。

日本最大級の不動産売却専門一括査定サイト

イエイ公式サイトはこちら