業者選びで差が出るポイント

マンション売却が得意な不動産会社の選び方!見極めるポイント

マンション売却が得意な不動産会社の選び方!見極めるポイント

マンション売却は個人でもできないことはありませんが売却に関する手続きや購入希望者を集めるには非常に大きな手間がかかるため、あまり現実的ではありません。そのためほとんどの方が不動産業者に仲介を依頼しますがこの仲介業者選びはしっかりと時間をかけて行っていますか?

『査定額が高いからこの業者にお願いする!』『大手で有名な不動産屋だからここにしよう!』という安易な気持ちで仲介を依頼すると大きな失敗を招く可能性もあります。今回は業者選びの重要性やマンション売却が得意な不動産屋を見極めるポイントを紹介したいと思います。

なぜマンション売却が得意な業者を探す必要があるのか?

最初に覚えておきたいことはマンション売却を業者に依頼するとその後のほとんどの対応は不動産業者が行うということです。もちろん売主も内覧希望者が物件を気に入ってくれるように部屋の掃除をしたり、内覧時に笑顔であいさつするなどおもてなしの心が求められますがその内覧希望者を集めるための宣伝活動や営業活動、内覧の手配・対応などはほぼ不動産業者が担当します。

そのため早く売りたい、高く売りたいという売主の想いを実現させるには不動産業者の力量が大きなポイントとなってきます。そしてマンション売却を行う上で最も大切なのは当然のことながらマンション売却が得意な不動産業者に依頼することです。

マンション売却が得意な不動産業者であれば過去の事例から適切な査定額を導き出してくれたり、値下げを実施するタイミングや買い手側が購入を決断したくなるような対応を知っている可能性が高いです。

これはマンション売買を頻繁に行っている、いわゆる場数を踏んでいるからこそ備えることができる強力な武器でもあります。勉強、スポーツなど他の分野でも経験することで知識や技術が身に付きますが、不動産業界にも同じことがいえるでしょう。

中には契約がほしいために嘘をついて『マンション売却はおまかせください!』という業者もいますが、このような不動産屋は業務を遂行していくうちにボロが出ることが多いです。そのため自分でもしっかりとリサーチをしてマンション売却が得意な業者を選ぶ必要があります。

不動産業者の種類について

ここからは不動産業者を選ぶ際に役立つ業者の種類を紹介したいと思います。不動産業者の種類は大きくわけて以下のとおりです。

分譲業者

マンション開発というのは規模が大きければ大きいほど役割を分担して担うケースが多いです。そして分譲業者というのはマンション建設のスタート時に主役となる業者でありデベロッパー(開発業者)としての立場にあります。

分譲業者は取得した土地にマンションを建設して購入希望者に直接販売したり、下請けの業者などに販売を委託しています。主に開発、販売がメインとなるため中古マンションの売却を依頼するには少しジャンルがズレています。

買取再販業者

自社で買取した物件をリノベーションして再販売するのが買取再販業者です。もう少し身近な言葉でわかりやすく説明すると『転売』の知識に長けている業者ともいえます。売れ残った新築マンションや中古物件を独自のルートで安く仕入れることができ、リフォームやリノベーションを行った上でその費用を上乗せして購入してもらうのが主な業務内容です。

マンション売却においても仲介で長期的に売れ残ってしまった場合やすぐに資金が必要な時に最後の手段として使われることが多いです。中古マンション売却とは多少リンクしている部分もありますが、あくまでも買取が得意な業者であることから売却を考えている方が依頼するには少し不安が残ります。

専門・その他

マンションの企画・開発を行ったりテナントビルや商業施設の運営、不動産投資ファンドなどの業務をメインに行っている業者もあります。このような業者も法人や投資家を集客する能力には長けている部分がありますが、中古マンションの営業活動に関しては少し不安が残るかもしれません。

媒介業者

マンションを売却したい方に最も適した業者がマンション売買を媒介(仲介)する不動産屋です。売主が売りたいマンションを媒介業者が宣伝して第三者の購入者を見つける業務がメインとなっており集客から成約までの一通りの流れというのを熟知しています。

そのためマンション売却を行う方はこのような媒介業者を探すことが大切となります。ただし1点注意しておきたいのは媒介業者と一口でいっても土地、一戸建てなどを得意としている不動産屋もあるためできるだけマンション売買が得意な業者を選択するようにしましょう。

マンション売却が得意な業者を見極めるコツはあるの?

マンション売却が得意な業者を見極めるコツはあるの?

媒介業者、それもマンションの売買を得意としている業者に依頼することはわかりましたが『マンションの売買に強い不動産業者を見極めるポイントは?』という疑問を持つ方も多いと思います。ここではマンション売却が得意な媒介業者を見つけるコツを取り上げてみましょう。

不動産業者のホームページをチェックする

依頼を考えている業者のホームページをチェックするのは最も手っ取り早い方法です。ホームページをチェックする箇所ですが単純に掲載されている物件情報を見てマンションが多ければその不動産業者は中古マンション売買に強い可能性が高いです。

また業者によっては【おすすめ物件!】と称してホームページの目立つ箇所に数件の物件情報を掲載していますがこれらが中古マンションの情報であればなお良いです。逆に賃貸物件や土地情報が全体の9割を占めている業者はマンション売却に向いていない可能性があります(もちろん時期などにより異なるため絶対とは限りません)

チラシをチェックする

不動産業者が定期的に発行するチラシも得意分野を見極めるのに大切な資料です。このチラシの目立つ箇所に中古マンションの情報が掲載されていればマンション売買が得意な可能性は高いでしょう。

マンション売却を検討するようになったらポストに投函されているチラシや新聞に折り込まれている不動産業者の広告は捨てずに保管しておくのがおすすめ。これは1回のチラシや広告だけでは本当にマンション売買が得意かどうかを見極めるのが難しいためです。

『前回のチラシは本来の得意分野である一戸建ての物件情報が入ってこなかったためしょうがなくマンションの物件情報を掲載した』という可能性もあります。しかし同じ不動産業者のチラシが複数枚集まれば『この業者はいつも中古マンションの情報がメインだから間違いないな』などの判断がしやすくなります。今からしっかりとチラシ、広告を保管しておきましょう。

不動産屋に行く

こちらは実際に不動産屋に足を運ぶ方法ですが、店の中まで入る必要はありません。地域の不動産業者の前を通り過ぎたことがある方ならわかると思いますが、大抵の不動産屋は入口や窓に物件情報が掲載された紙を貼っています。

そのためこれらの情報を参考にしながら中古マンションの売却に強いかどうかを確認するのがいいでしょう。ただしこの方法の場合はお店の中から営業マンが出てきて営業トークをされてしまう可能性もあるため断り切れない性格の方には不向きです。

とりあえず査定依頼をする

一括査定サイトを使用してとりあえず仮の査定額を算出してもらうのも一つの目安になります。ここで複数の業者に査定依頼をして1社だけ極端に高かったり、安かったりした場合はその業者は中古マンションの売買に慣れていない可能性があります。

また査定額が適性でもまだこの段階では正式依頼はせずにホームページやチラシのチェックなど複数の方法を駆使してその不動産業者の真の得意分野をしっかりとリサーチしましょう。

依頼する業者が無名で少し不安がある場合はどうすればいいの?

さまざまな方法でリサーチをかけて無事にマンション売却に強い不動産業者が見つかったものの、その不動産屋が無名なケースがあります。大手の不動産屋であれば知名度も高いためある程度安心できますが、さすがに聞いたことのない不動産業者に仲介を依頼するのは不安ですよね?

そのような時は一度対象の不動産業者の免許証番号をチェックするようにしましょう。この番号をチェックすることでその不動産業者がどれぐらいの期間営業出来ているのかを確認することができます。免許証番号は以下のように記載されています。

  • 国土交通大臣(1)〇〇号
  • 〇〇県知事(2)〇〇号

不動産の免許証は正式には宅地建物取引免許証といい2種類存在します。複数の都道府県に店舗を構えている不動産業者には国土交通大臣免許が発行され、一つの都道府県で営業している不動産業者には都道府県知事免許が与えられます。

そしてこの宅地建物取引免許証というのは自動車の運転免許証と同様に更新が必要です。更新期間に関しては平成8年までは3年に一度でしたが、現在は5年に一度となっています。この免許証番号で注目したい箇所はカッコ内の数字です。

カッコ内の数字は免許証を更新した回数であり、これにより対象の不動産屋の営業年数を調べることが可能となります。カッコ内の数字が3であればその不動産業者は少なくとも15年以上営業していることになり、信頼度も高いといえるでしょう。もちろん営業年数が短い不動産屋でも良心的な業者は数多くあるため、一概にはいえませんが一つの目安にはなります。

仲介業者選びはゆっくりと時間をかけて行うことが大切

仲介業者選びはゆっくりと時間をかけて行うことが大切

マンション売却が得意な不動産業者の見極めのコツや方法、重要性を解説してきましたが依頼する仲介業者によって成約価格は数百万の違いが出てくることもあります。そのため間違っても『近場で楽だから依頼した』『知り合いがいるからそこにお願いした』という業者選びは行わないようにしましょう。

もちろん近場の業者や知り合いの方がいる不動産業者がマンション売却を得意としているなら全く問題はありませんが、そうでない場合は他の不動産屋を探すことを強く推奨します。

マンション売却が得意な業者を見極める方法は一つではなくできるだけ複数の方法を駆使して行うことでより正確性がアップします。現在マンション売却を検討している方は仲介業者選びを慎重に行い、自分の納得のいく価格で売ることができるように頑張ってください。